生保営業転職検討者必読

生保営業転職読本

ちょっと待ってください!!

安易な転職は
身を滅ぼします


生保から転職の声がかかった。

いまの仕事に不満があるわけではない。

何となくチャレンジしてみたい気もする。

しかし、歩合給であり給与の保障はない。

家族もいるし・・・

さあ、どうしようか・・・



「生保営業とは実際どんな仕事なのか」

「生保営業の給与水準は実際のところどうなのか」

「向き不向きがあるのか」等

生保営業の本当の姿を知らないで、

正しい判断が出来ますか?






はじめまして。

私は、保険セールス研究会の大倉と申します。


今から二十年近く前に、生命保険営業の世界に飛び込み、

生保営業・法人代理店マネージャーを経て、

現在は、生保のコンサルタントをしております。

こういったノウハウの提供もしています。

 「保険営業紹介獲得の極意

 「保険営業成功の黄金律



現役生保セールスパーソンのコンサルティングをしている中で、

最も強く感じることが、

生保営業の真の世界を知らずに転職をしている人が多い

しかもその事実が、

多くの生保営業が食っていけずに苦しみ、

転職後2年で7割以上が辞めていく


原因につながっている

ということです。

かくいう私も、生保営業に転職をした時は、

完璧に調べつくしてから転職に踏み切ったわけではありませんでした。


なぜかと言うと、

調べようがなかったから

です。


リクルーターの話も、どこまで信じてよいのかわかりませんし、

実際に、現役で生保営業をしている数人に話を聞いてみても、

自分にもその話が当てはまるかどうかの確信は得られません。


私ひとりの問題ではなく、現在生保から声がかかっている人すべてが


「やってみなきゃわからない」

ただそれだけの判断でとヤル気だけで転職し、

玉砕する方が多い


わけです。


「もうそんな悲劇はみたくない」

その一心で、今回生保営業への転職を検討している方向けの情報として、


生保営業の真の姿を

全て公開します。







 どんなに辛くても頑張れば何とかなる 

   辛さを履き違えている人が多いです。

   お客様に冷たく断られる「辛さ」をイメージする人が多い

   のですが、実際の「辛さ」は全く別のところにあります。

 自分は営業未経験だから無理だ 

   営業未経験でも活躍している人は少なくありません。

   変なクセがついている営業経験者よりも、成功する可能性は

   ずっとあります。

 保険の知識がないから大丈夫かな・・・ 

   生保営業に転職する人で、最初から知識があったという人

   の方が、圧倒的に少ないです。

   特に、外資系生保などは、前職が他社生保の人を採用しない

   会社もあるほどです。

 自分は知り合いが少ないから不安だ 

   保険を売る対象が知り合いだけなら、どんな人でも

   3ヶ月もすれば見込み客が尽きて、その瞬間ドロップアウト

   です。

   見込み客は、生保営業を開始してから開拓するものです。
    


私が、転職相談を受けるときに、よく耳にする勘違いは上記以外にもありますが、

はっきり言って検討するポイントがずれています

もちろん、前述のとおり調べようがないのでしょうがないのですが、

人生の転機ともなる転職ですから、

本質的なところをおさえる必要があります。







できるだけ多くの情報を知っておくに越したことはありませんが、

最低限、こういった情報は知っておきたいところです。

 生保営業職の特色

 保険会社の特殊性

 生保営業への向き・不向き

 営業戦術の概要

 自分のライフスタイル・信条・価値観とマッチするか

 職場環境

 収入と支出の目安

 成否を決める能力とは何か



こういった情報を、

リクルーターや現役生保セールスが教えてくれれば良いのですが、

現実はそう甘くはありません。


というのも、

リクルーターである生保マネージャーには、

年間で何名リクルートするというノルマがあるからです。

彼らの仕事は、営業部隊の数字の管理はもちろんですが、

セールスの採用も、それ以上に重要な仕事であり、

その達成率が大きく収入にも影響するので必死です。

そんな彼らが、採用の妨げになることは言いたくないのは心情です。

当然、そのマネージャーの部下である現役生保セールスには、

協力を依頼しますから、同じ現象が起きます。





この「生保営業転職読本」では、

生保営業への転職を考える際に、的確な判断ができるよう

客観的、第三者的な情報を提供します。

生保営業転職読本

【目次】

第1章 生保営業とはどのような世界なのか

  1.生保営業の特徴

  2.保険会社の特徴

  3.保険会社の営業組織

  4.業務概要

  5.職場環境

  6.営業経費

  7.時間

  8.資格

第2章 転職前に知っておく・注意すべきこと

  1.現役セールスパーソンの言葉を鵜呑みにしない

  2.商品の特長・説明方法を覚えれば売れる
    という訳ではない

  3.会社の言うとおりやれば売れるという訳ではない

  4.真面目にやりさえすれば売れるという訳ではない

  5.「転職は成功した」と思える収入とは

  6.土・日曜は休みではない

  7.自分と同じ会社の出身者が多い場合は要注意

  8.元金融機関の人が注意すべきポイント

  9.営業未経験者が注意すべきポイント

 10.●●●●能力に自信がない人は転職を
    思いとどまるべき

第3章 転職前に確認しておくべきこと

  1.●●●●●●の現役時代の挙績

  2.営業所(支部)の平均●●●

  3.年間表彰●●●の割合

  4.●●●●の人数

  5.●●・●●の後の、マーケット開拓法

第4章 向いている人・向いていない人

  1.向いている人
   
   @●●●●能力が高い人

   A●●●●●タイプの人

   B●●●系の人

   C●●●●●が好きな人

   D●●好きな人

   E●●●嫌いな人

   F何かに●●することが好きな人

  2.向いていない人

   @●●を●●●ことに欲がない人

   A自分で●●たり●●したりできない人

   B日常会話においていつも●●な人

   C人と●●●なるのが苦手な人

   D●●面で不安のある人

   E●●力がない人

   F●●●●●●感覚が抜けない人

第5章 転職後に気をつけること

  1.入社3ヶ月間はその後の運命を左右する

  2.付き合う人を選ぶ

  3.人脈を築く

  4.スキルアップに一日一時間は割く

  5.目標を達成する理由を明確にする

  6.配偶者を味方につける

  7.査定数字を目標にしない

  8.借金は契約が前提

  9.守るべきプライド・捨てるべきプライド

※第3章・第4章については、目次そのものが情報となってしまいますので、伏字になってしまうことをご了承ください。




私の経験上知っていることを、包み隠さず、全て出し尽くしました。

リクルーターにとって転職志望者に知って欲しくないことを公開するのは、

私にとっては、

今まで良好な関係を築いてきた生保関係者を敵に回すかもしれない

という大きなリスクを伴います。

しかし、もう我慢の限界です。

そのリスクを犯してでも、的確な判断をして欲しい

その一心で書き上げました。

そして、人生を左右しかねない生保営業への転職の是非判断を

的確に行うための情報に対する対価を、

7800円と設定いたしました。

個人的には、仮に10倍の78,000円でも堂々と胸を張れるほど

価値のある情報であると自負しておりますし、

この価値を感じていただける方にのみ、

お求めいただきたいと思っております。






※画像はイメージです。

【全89ページ】

定価7,800円

特典価格
4,980円
(税込み)

※今回限りの価格です。このページを閉じると次回以降は
定価でのご購入となります。

※この価格は、商品をダウンロードにてお受け取りになる場合の価格です。
※商品を冊子にてお受け取りになる場合は、印刷・製本・配送料として別途
1,800円(税込み)のご負担をお願いします。
※代金引換の場合は、更に代金引換手数料として別途450円(税込み)の
ご負担をお願いいします。



生保営業への転職について的確な決断をしていただく為に、
情報を出し尽くしました。

「最高の判断をする為に、この投資は惜しまない!」

そう決断の出来る方のみお申し込み下さい。



※(株)インフォトップの決済システムを使っています。
※お支払いは、カード・振込・コンビニ決済・ビットキャッシュ
・代金引換をご利用いただけます。






SEO対策
 1  2  3  4  5 保険営業転職はてな1保険営業転職はてな2 ソニー生命転職プルデンシャル生命転職アリコ転職